menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 意外にわかりづらい? スパークの充電 DJI SPARK 解説シリーズ…
  2. 開封! スパークに初めて触れてみた。 DJI SPARK 解説シリーズ…
  3. 驚愕の手乗りドローン!? DJI SPARK(スパーク) 一般向け手の…
  4. DJI Phantom4 Advanced(アドバンス)は、Proから…
  5. 国土交通省、ドローン衝突防止ルールとりまとめ 飛行計画共有サイト開設等…
  6. 「DJIで桜を撮ろう」空撮写真と地上動画コンテスト開催 最優秀賞にはM…
  7. 新たな次元に突入するディスプレイ付きプロポ(送信機) ドローンの名機、…
  8. ドローンに関連する法律 申請| DJI CAMP 技能認定専用テキスト…
  9. 第15回 ドローン 春一番等の強風が吹いた時の注意 風速
  10. 第14回 ドローンでの空撮 高性能な4Kカメラ グリット線の表示
閉じる

DJI FAN

第1回 Osmoとは? 撮影の常識を変えるスタビライザー

DJI Osmo 解説シリーズを、ご覧になっていただき、誠にありがとうございます。

DJI Osmoとは?

DJI社製のOsmo(オズモ)は、移動しても安定する超高画質の撮影が可能な片手持ち小型カメラです。また、カメラから離れての撮影も可能です(25m)

世界中のドローンで、70%のシェアを誇るというDJIが持つ空撮用ドローンの技術が応用されています。
高めにかまえて移動すると、ドローンでの空撮のような「疑似空撮」を行うことが可能なことから、都市部に住んでいたりとドローンで空撮することに何らかの支障がある方にも人気となっているそうです。


撮影の常識を変えるスタビライザー

かつて、移動しながらの映像撮影を行うためのスタビライザーは、両手で持つ必要があったりと大きなものでした。
DJI Osmoは、片手で持ちながらも、なめらかなで美しい映像を撮ることが可能です。

3軸ジンバルにより、外部からのあらゆる回転の影響を受けずに軸を一定の方向に保つ回転台となっているため、映像がぶれません。どんなに動いても、カメラが水平になります。

風によって激しい振動にさらされたり、走りながらでも、映像は安定します。

今までのカメラと一線を画す構造となっているため、撮影される映像もこれまでの映像とは違ったもので、自由な移動の上で撮影することができます。



心地良いグリップ

しっかりとした強度でありながら、とても握りやすく。人間工学を元にデザインされているので、片手で握っていても安心感があります。

その上で、コントローラーやボタン操作を行うことができるので、写真や動画等の快適な撮影が可能です。


大画面で上映可能な美しい映像

超高画質の4Kの映像。映画のような画質になります。
安定感があるので、ぶれがちな車窓から撮る映像も、息を飲むほど美しくなります。
動きの激しい被写体に合わせて、動いて撮っても美しい。

安定感+超高画質
結果的に、大画面でも上映できる完璧に近い美しい映像を撮影できます。

しかし、音声収録に関しては、内臓マイクではなく、外部マイクを接続して使用した方が良いという感想が一般的です。

関連記事

  1. 第9回 ドローン 離陸前のコンパス補正 キャリブレーション

  2. DJI 高性能農薬散布用ドローン AGRAS(アグラス) MG-…

  3. 世界的大手企業、高品質カメラのハッセルブラッドとドローンのDJI…

  4. 第3回 ドローンで空撮する前の準備 Part.1 本体セット以外…

  5. 第10回 ドローンのプロポ 送信機の操作モード

  6. 驚愕の手乗りドローン!? DJI SPARK(スパーク) 一般向…

ドローン 小型

注目される小型のドローン。
手乗りミニドローンとしての人気があるDJI SPAK。
DJI FANでは、ファン目線で連載中です。

ドローン 小型 DJI SPARK 解説シリーズ

最近の投稿

ページ上部へ戻る